資料請求
オープンキャンパス開催中
コース紹介

学科・コース

スポーツを通じて
「自分、将来、相手、仕事、成長」に向き合うことで、
就職に役立つ社会人力を習得し、人として生きる力を形成。
また、そのために必要なビジネススキルの習得を
目的とするコースです。

学業と野球の両立で一流のビジネスマンを育成します

「高校卒業後も本格的な舞台で大好きな野球を続けたい!」そんな野球人が集う場所が、CKGの「アスリートコース」です。専門学校ながら、日本野球連盟社会人リーグに属し、平成22年には全国の専門学校で初めてJABA大会優勝、平成23年にはプロ野球選手も輩出しています。
特長としては、何よりも独自のカリキュラム。午前の授業でコンピュータやビジネスの知識と技能を学び、午後は野球に没頭できる構成で、「一流のベースボールマンから、一流のビジネスマンへ」をテーマに、野球だけでなく、就職に役立つ社会人力も授けます。そのため、毎年アスリートコースの就職率は100%を記録。まさに文武両道のコースなのです。
2018年度から女子硬式野球部が発足しました!

スポーツ選手

社会人野球の第一線で活躍している選手、さらにプロ選手も輩出!

パーソナルトレーナー

スポーツ選手やリハビリテーションを目的とした方などにエクササイズ指導を行う職業。

営業・販売職

自社の物品・サービスまたは情報などの購入を促して売買契約を結ぶ仕事。

ファイナンシャルプランナー

総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法をサポートする仕事。

セールスエンジニア

営業と技術者の両方の要素を持ち、自社製品の導入やサポートを行う仕事。

■ファイナンシャルプランナー ■サービス接遇検定 ■秘書検定 ■日商簿記 ■ITパスポート ■Webデザイナー検定
■ウェブデザイン技能検定 ■Webクリエイター能力認定 ■色彩検定 ■DTP検定 ■マイクロソフトオフィススペシャリスト
■ビジネス能力検定(B検) ■パーソナルトレーナー

パソコンの知識・技能と社会で必要なビジネススキルを身に付ける午前、野球に集中する午後とメリハリのあるカリキュラムで人間力を高めます。

元・九州三菱自動車主戦投手の監督をはじめ、確かな実績を兼ね備えた経験豊富なコーチ陣が丁寧かつ論理的な指導を行います。

平成23年にドラフト3位指名で一岡竜司投手がプロ入り(現・広島東洋カープ)するなど、プロ野球界との強固なパイプを有しています。
※写真提供/広島東洋カープ

社会人リーグでの試合は、就職活動の場でもあります。野球を通して、就職先企業に出会った学生も多く、進路決定率は毎年100%です。

■パソコン入門
■情報概論(J検)
■情報セキュリティ(モラル)
■Microsoft Word(MOS)
■アルゴリズム
■Webデザイン
■アスリート養成
■サービス接遇
■秘書検定
■モチベーションマネージメント
■FP基礎
■ビジネスマナー(B検)
■人間教育

■インターネットリテラシー
■ITパスポート対策
■Microsoft Excel(MOS)
■Python
■HTML・CSS
■Java Script
■Java Script演習(jQuery)
■簿記・コンピュータ会計
■トレーナー養成
■ファイナンシャルプランナー(FP)
■SPI対策
■キャリアプラン I(就職)
■人間教育

■プレゼンテーション(PowerPoint)
■DTP
■画像加工(Photoshop)
■画像作成(Illustrator)
■Web制作技術(CSM)
■クリエイティブゼミ
■キャリアプラン II(就職)
■人間教育

野球の技術と社会人のモラルも身に付く環境です

村崎 貴浩 さん
2年生
鹿児島工業高等学校 出身

アスリートコースの環境は?

CKGにはアマチュア野球の最高峰「社会人野球」を夢見て入学する学生が多く、野球だけではなくパソコンスキルやビジネスマナーも身に付けられ、文武両道を実現できる環境です。

野球生活については?

豊富な実績を持つ監督やコーチ、同じ目標をもったチームメイト。理想の野球生活がここにあります。

「野球人」ではなく、「社会人」を育成します

諌山 寿 先生
キャリア形成学科

コースの特徴は?

野球に集中できる環境づくりだけでなく、コンピュータ技術やビジネススキル習得のための環境づくりにも同様に力を注いでいます。

進路については?

野球だけでなく、幅広い選択肢から進路を決定できるようにサポートします。文武両道を目指し、実現できる「社会人」を育成します。

サイトマップ
※CKGは「コンピュータ教育学院」の略称です。
Copyright © 2017 COMPUTER KYOIKU GAKUIN. All Rights Reserved.

トップへ